ハイヤードライバーの仕事は未経験者でもできるのか

ハイヤーの仕事をしてみたいけれども、一切運転手の経験がないと就職できないだろうと諦めている人もいるでしょう。しかしハイヤーの運転手を募集している案件の中には、未経験者を歓迎している求人も少なからず見られます。未経験者が応募する際には、どのようなサポート体制が整っているかを確認することが大切です。教育制度がしっかりしているか、資格取得のサポートシステムが整備されているかなどです。

ハイヤーを運転するためには、2種免許を取得する必要があります。まだ免許を持っていない方が応募できる案件も多く、教習所と提携していて、短期間で免許取得できるようなところも見られます。中には数週間で取得できるようなところもあり、免許がないけれどもできるだけ早く仕事がしたいという人のニーズも満たせます。ただし第1種免許、いわゆる一般的な普通自動車免許を取得してから間もない人はすぐ応募できません。1種の免許を取ってから3年以上経過しなければ2種免許の受験資格がないためです。

近年では、オートマ限定の免許を持っている人も多いでしょう。またマニュアル車の運転はできるけれども、あまり乗った経験がないという人も多数います。ハイヤー会社の車を見てみると、一般車両同様オートマ車が増えてきています。よって今後ハイヤーを運転する機会があれば、自家用車をドライブしているのとあまり変わりない感覚でハンドルを握れます。ハイヤーの仕事には興味があるけれども、マニュアル車だと自信がないと思っている人もチャレンジできます。

どこに就職するか決める際には、車にどのような設備が搭載されているかもチェックしておきたいところです。まずはカーナビがついているかどうかです。クライアントの指示に従って運転をするので、時として土地勘のないところに行くように言われるケースも考えられます。もしカーナビがあれば、その指示に従って運転すればいいので、初めてのところで迷子になってしまい無駄に時間を費やす心配もありません。

ドライブレコーダーがついているかも、いざという時のためにチェックしておいたほうが安心です。ドライブレコーダーが搭載されていれば、例えば事故を起こした場合、どちらに過失があるのか証明するための貴重な資料になります。近年しばしば話題に上るあおり運転の被害に遭った時も、しっかりその映像を記録できます。このような装備が完備されている会社もあるので、安心して運転できるような環境の職場を探してみましょう。